支払いや資金の調達のためには、銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングから、明日までに、できれば今日中にお金を借りたいと考えます。 即日でお金を借りたいならば、どんなことに気を付ければいいのという点についてまとめています。

ネット申込+自動契約機が最速で借りれる

インターネットからの申込し、審査通過後に自動契約機でカード発行という流れが即日借入したい人にとってベストな方法です。

「明日までに返さなければならないお金があるけど、給料日までまだ日にちがある」とお考えの方は、貸金業者からお金を借りてもいいので、明日までにお金を返そうと思っているでしょう。

最短でお金を借りるたい場合、まず候補に挙げられるのは消費者金融です。 大手消費者金融の中には、自動契約機を導入しているところも少なくありません。

自動契約機は朝早くから夜遅くまで営業してます。 そこに足を運べば申し込みから審査、契約からローンカードの受け取り、そして併設のATMを使って即日でお金を借りることまでできてしまうのです。 また、一部の銀行カードローンでも、自動契約機に似た機械を導入しているところがあります。

自動契約機を使ってお金を借りることを希望する場合、いくつか注意点があります。 まず申込をする時間ですが、いくら自動契約機が朝早くから夜遅くまで稼働しているとはいえ、営業終了の10分前に申込をしても到底間に合いません。 遅くても営業終了の1時間前くらいまでには、契約機に行きましょう。

最も早いやり方としては、ネット申し込みで審査まで済ませておいて、契約だけを自動契約機で終わらせるやり方です。 これをすると、審査時間を待たなくてよいというメリットがあります。

縁起でもない話ですが、ひょっとしたら審査に落ちてるかもしれません。 それなのに、いきなり自動契約機で審査を受けると、審査待ちしている時間が無駄です。 なので、最低でも、ネット申込で審査を済ませてから契約に行くのが、時間のロスがなく、最も効率的です。

△目次へ戻る△

在籍確認は翌日回しにすることもできるサービスがある

在籍確認の審査では、通常、勤務先にスタッフが電話をかけるため、その時間帯に会社の同僚が勤務先に残っていなくてはいけません。 会社に誰もいないような遅い時間に申し込んでも、かつては、在籍確認が取れなければその先には行けないものでした。

しかし、最近では、在籍確認は後追いでやってくれるサービスを提供している業者もあります。 つまり、先にカード発行・出金までできて、その後に電話確認が入るというものです。 とても利用者を信頼してのサービスなので、急ぎの方はこういう業者を利用しない手はないですね。

最近では、ネットを使って申し込むことができるようになっており、即日でお金を借りることが可能となっています。 ただしこれにも注意が必要で、金融機関によっては自行の口座開設、あるいはネットバンキングの開設を求められる場合があります。

口座開設はすぐにできるものではないので、あらかじめ準備しておくのがいいでしょう。 また、銀行がお金を借りるための審査を行なう場合には、銀行の営業時間も念頭に置かなければなりません。

銀行は平日の9時から15時までの営業が一般的で、これに銀行の審査もリンクしています。 15時以降でもネットを使って申し込みはできるものの、誰も審査をしてくれないため審査が行われるのは翌営業日以降となり、これでは即日でお金を借りるができません。

△目次へ戻る△

お金を借りるまでの最短時間、最低でも1時間は必要

最短時間でお金を借りるためには、自動契約機で、朝いちで申し込みをするようにしましょう。 ただし、自動契約機で申込をすると入力に時間がかかりますので、先ほど説明したように、ネット申し込みした方が時間短縮にはなります。

申し込みが完了すると審査が始まるのですが、どこも審査結果の回答を最短で30分程度に設定しています。 在籍確認で時間がかかるケースもありますので、あらかじめ健康保険証や源泉徴収票を任意で提出しておき、在籍確認を省略できればその手もありですね。

審査の結果融資可能と判断されれば、契約です。 自動契約機での契約とローンカードの受け取りは20分弱で完了しますので、合計すれば1時間弱で申し込みからローンカードの受け取りまでできます。

自動契約機まで足を運べないのであれば、即日振込可能なカードローンを選ぶといいでしょう。 この場合、ローンカードはその場では発行されずに後日郵送で送られてきますが、カードがなくても振り込みはしてもらえますので口座には借入したお金が振り込まれています。 これも1時間あれば十分に可能です。

△目次へ戻る△

お金を借りるならどこ?TOPページへ戻る
サブコンテンツ

このページの先頭へ