債務整理後(自己破産・任意整理)お金を借りる場合について紹介します。基本的にはブラックリスト登録されているので、借入やローンを組むことは一定年数できません。お金を借りる以外の生活上のデメリットについてもまとめています。

任意整理後にお金を借りることは可能?

任意整理とは?

任意整理とは、お金を借りた債務者とお金を貸した貸金業者が交渉をして、将来の利息やこれまでの遅延損害金のカット、あるいは返済計画の見直しなどを行なう債務整理で、もっとも行いやすい債務整理といわれています。

裁判所を通さずに借金の整理ができるため、債務整理にかかる期間も短く、その他の債務整理方法よりも、生活上の不都合が少ないことが特徴です。

任意整理をするとブラックリストに登録される

ブラックリストとは信用情報機関が事故情報を登録したことを示す言葉です。 ブラックリストに登録されている間は、原則として貸金業者などから新たなお金を借りることができません。

ブラックリストに登録されている人は、延滞などお金に関して何らかのトラブルがある人なので、お金を貸す側としても慎重にならざるを得ないからです。

しかし、一度任意整理をしたからと言ってこれから未来永劫お金のお金を借りることができないわけではありません。

任意整理をしてからおおむね5年程度経過すると、ブラックリストから事故情報が削除されて、個人情報がまっさらな状態に戻り、新たにお金を借りることが可能となります。

ただし、任意整理の対象となった貸金業者からは、今後お金の借りることはできないと思ってください。

貸金業者の中には、信用情報機関のブラックリストとは別に、独自のブラックリストのようなものを作成しているところもあり、その情報は半永久的に残るからです。

△目次へ戻る△

自己破産後にお金を借りることは可能?

自己破産は、任意整理や特定調停、個人再生など他の債務整理をしても改善できなかった場合にとられる、債務整理の最終手段です。

自己破産をすると、問答無用ですべての借入が帳消しになります。 もちろん自己破産をしてもブラックリストに登録され、登録機関は任意整理よりも長くなります。

任意整理が5年程度なのに対して、自己破産の場合は破産宣告を受けてから7年~10年間は新たにお金を借りることができなくなります。

もちろん、しかるべき期間が過ぎてブラックリストから自己破産の情報が削除されれば、新たにお金を借りることは可能となりますので安心してください。

△目次へ戻る△

債務整理経験者の生活上の不都合とは

任意整理や自己破産などの債務整理を行なうと、新たにお金を借りることができなくなるのが大きなデメリットです。

カードローンやキャッシングはもちろんのこと、住宅ローンやマイカーローン、クレジットカードの新規発行などもできなくなります。

意外と知られていないのが、携帯電話本体の割賦販売もできなくなる点です。 最近まで「実質0円」の携帯電話が販売されていましたが、これは分割で携帯電話本体の料金を支払う契約を前提に実現する割引です。 分割でローンを組むような扱いですので、実質0円携帯は持つことができません。

また、保証会社を使ってアパートの賃貸契約を結ぶこともできなくなります。 保証人が見つからないときに保証会社を利用する人も多いですが、保証会社が信販会社系だったりすると、情報を調べて債務整理経験者とばれてしまいます。

特に自己破産になると、他にもさまざまな生活上の不都合が生じます。 マイカーやマイホームは原則として処分しなければなりませんので、生活の拠点を失います。

官報に破産人の名前などが記載されますので、自分が破産したことが官報を見た人にばれてしまいます。 そして、誰かの保証人になっていたらその「誰か」にも迷惑が掛かってしまうのです。

△目次へ戻る△

まとめ:債務整理後にお金を借りることは難しい

債務整理をすると、ローンを組めない、一定期間お金を借りることができないのは、大きなデメリットです。

官報に自分の事故情報が掲載されること自体はあまり大きなデメリットではありません。

ただし、掲載した情報を見た闇金業者などが、あなたの住所あてにダイレクトメールを送ってくる機会も増えます。 債務整理した人は、基本的に違法業者から借りるしか、手段はなくなるため、甘い誘いに乗ってしまうことが多いので十分気をつけましょう。

もしどうしてもお金に困って生活が苦しいという場合は、市役所や福祉事務所に相談をしてください。

△目次へ戻る△

お金を借りるならどこ?TOPページへ戻る
サブコンテンツ

このページの先頭へ