自営業者が金融機関からお金を借りるための方法についてまとめました。

経営者は常に資金繰りと向き合い、事業資金のショートを回避しなければ、事業を続けていけません。事業資金が底をつく前に、地場の地方銀行や信用金庫と関係性を作っておけば、高金利のビジネスローンから借入する必要もなく、低金利で借りることができます。

借入することで、社員の給料不払い、社保の滞納、仕入れ資金などに回すことができます。

また一方で、事業主の生活費の確保も大事です。家計を支える生活資金や社長の給料が払えないという状況では、仕事どころではありません。個人事業主が生活費を借りるための方法についても紹介しています。

運転資金充当のために自営業者がお金を借りる

自営業者が運転資金をより確実に調達する方法についてまとめました。 資金繰り悪化を避けて、融資を受ける場合は、借入先選びが重要です。個人事業主を含めた零細企業がお金を借りるには、地方銀行・信用金庫など自場の金融機関を関係性を持ち、低金利で借りるのが最も返済に困らない方法だと言えます。

自営業者や個人事業主も、一般企業と同様に先行投資などをしなければなりません。 また、掛け売りをしている場合にはお金が手元に入ってくるまで時間がかかりますので、その間の当座の運転資金をなんとか工面する必要が出てきます。

運転資金をためにお金を借りるために、まず思い浮かぶのは銀行です。 一般的な会社でしたら普通に融資もしてくれるでしょうが、個人事業主となると貸し渋りをしてくる銀行も少なくありません。 特に都市銀行にそのような傾向が目立ちますので、まずは地方銀行をあたるのがいいでしょう。

地方銀行は地域経済活性化のために様々な事業を行なっており、地方を元気にしてくれるような事業を行なうような個人事業主にも、比較的積極的にお金を貸してくれます。 今後メインバンクとなる可能性のある地方銀行ですので、まずは相談をしていましょう。

△目次へ戻る△

地方銀行・信用金庫からスムースにお金を借りる方法

自営業者が、普段から付き合いのない地方銀行に運転資金の借入相談をしに行ったとしても、銀行の担当者には何の判断材料もありません。 地銀・信金は、個人事業主の言葉だけを信じて、はいそうですかとお金を貸してくれるほど甘くありません。

より確実に、自営業者が運転資金を借りるには、筋道を立てて相談をしなければなりませんので、そのためには事前準備も欠かせません。 まず資金がいくら必要なのかを洗い出してから、融資してくれそうな銀行を調べて、それから事業計画書を作成しましょう。

事業主がお金を借りるための事業計画書は、会社の概要、提供している製品やサービス、その製品やサービスのマーケティング結果、製品やサービスの販売計画、そして必要な資金を書いておきます。 それを持って銀行の担当者と相談をすれば、担当者も貸した資金はしっかり回収できるか、事業内容は魅力的かなどの判断材料が提供されて、融資に近づけます。

△目次へ戻る△

個人事業主が生活費を借りる方法

個人事業主や、自営業者が生活費を借りるための方法について紹介します。 事業者は、会社が大事ですが、光熱水費や携帯代、自宅の家賃や車両代など、諸々の支払いが滞るようでは、ビジネスどころではありません。

一般企業と個人事業主が決定的に異なる点は、お金の悩みが事業の悩みだけでなく「生活費の悩み」もあるということです。

自営業者が事業資金のためにお金を借りることについては、前述の銀行以外にも日本政策金融公庫が実施している貸付制度などがありますが、これを使って生活費のたしにすることはできません。

もっとも、自営業者は事業の利益が生活費とつながりますので、お金の出所は一緒なのですが、経理や税務のことを考えると、事業と生活費は切り離して考えなければなりません。

生活費のためにお金を借りることに関しては、銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングを使うのが適しています。

△目次へ戻る△

自営業者向けカードローンを利用する

まず、キャッシングやカードローンは担保も保証人も必要ありませんし、保証人が必要な場合は保証会社がその代わりをしてくれます。

また、キャッシングやカードローンはお金を借りる利用目的を特に問われません。 事業資金は借入れたお金をどのように使うのか、しっかり聞かれます。

そして、特に大手消費者金融にいえることですが、短期間の借入であれば利息がかかりません。 新規契約者は、契約翌日から30日間は無利息、そのような消費者金融が多いです。

しかし、中には個人事業主や自営業者を申込対象から外している業者もあります。 やはり自営業者や個人事業主は、経営が安定していないのが、貸出対象外となる大きな要因です。

一般の消費者金融から借りれないには、自営業者や個人事業主専用のカードローンがあります。 ただし、利用目的を問われないからといって、これを事業資金に使うと意外と高い金利で返済がままならなくなりますので、あくまでも少額の生活費の足しに止めておいてください。

△目次へ戻る△

お金を借りるならどこ?TOPページへ戻る
サブコンテンツ

このページの先頭へ