「借金一本化」や「借入おまとめ」の方法について紹介します。

借りたお金をまとめることでどのようなメリットがあるのかを詳しく解説します。

また、おまとめローンは審査に通りにくいという傾向があります。どういう人が審査に通って、どんな人が通りにくいのかについても解説します。

借金を一本化するメリット

おまとめローンで借金を一本化するメリットについて紹介します。 主に、おまとめローンを利用してよかったと、経験者から言われる利点については以下の3つがあげられます。

返済利息が下がる

借入を一本化する最大のメリットは、利息の返済額が減るということです。 複数の少額の借入の特徴として、それぞれに適用されている金利が上限金利に近いことが挙げられます。

年15%や年18%の金利でお金を借りるということは、珍しくありません。

仮に年15%の30万円ずつの3件の借金があるとすると、この時点で年間の利息の合計金額は単純計算で135000円となります。

3件合わせて90万円の借金を1つの借金として借換えをすると、適用される金利は一般的に低くなります。

仮に年10%としますと、借入した金額は90万円で変わりありませんが、年間の利息の合計金額は9万円となり、借り換えただけで45000円も利息が減ることとなります。

返済日がまとめられて、精神的な負担も軽くなる

利息の返済額が減る以外のメリットとしては、借入の返済日も一本化されるということ。

借金によって返済日が異なる場合、毎月3回も4回も返済しなければならなくなります。

返済日が迫る度に金策に悩むことになり、精神的に厳しいものですが、借入を一本化しておけば毎月の返済日は1回で済みますので、メンタル的にはかなり楽になります。

追加で借入しやすくなる

新たに借入れをする際にも有利となります。 貸金業者が新規の借入申込を審査をする際、すでに借入している借金の件数もポイントです。

2件程度でしたら問題ありませんが3件ですと年収条件などがかなり厳しくなり、5件以上借入がある場合は、大手での審査はほとんどNG可能性がかなり高いです。

5件の借金がある人がそのうち3件を一本化すれば、借入件数は3件となり審査に通る芽が出てきます。

おまとめローン審査落ちする原因

借金一本化やおまとめローンを利用したいと思っても、その前には必ず審査があります。

審査落ちすればおまとめすることはできないのですが、その理由にはどのようなものがあるのでしょうか。おまとめローン審査落ちの典型的な理由については以下の2つが挙げられます。

  • 借入件数が多すぎ
  • ブラックリストに掲載されている
  • 借入件数が多すぎ

    まず、借入件数が多すぎることがあります。 5件の借金があるとして、それら全てをおまとめしようとしても、審査落ちする可能性が高いです。

    おまとめ可能な件数は3件程度が上限であるのが一般的です。

    借入の中に延滞や滞納している借金があると、おまとめや一本化はやはり難しいでしょう。 せっかくおまとめしても返済できなければ結局同じですので、返済能力がないと債務の一本化は容易ではありません。

    ブラックリストに掲載されている

    ブラックリストに掲載されている人も、おまとめや一本化困難です。 おまとめローンは、イコール「追加で借入」することになるので、借入申込の審査の時に、事故履歴が参照されて、審査には通りません。

    ブラックリストに掲載されるのには、自己破産や任意整理以外にも、多重申し込みがあります。同時に複数の金融業者に借入申込をすると、通常の審査を受ける前に、申込却下となります。

    おまとめローンだけではなく、それ以前にクレジットカードや消費者金融などに多重申し込みをすると、それでも申し込みブラックになります。

    申し込みブラックになると半年は記録が消えませんので、その間に借入の一本化を申し込んでも審査落ちは免れません。

    通りやすいおまとめローンはある?

    では、おまとめローンや一本化ローンで審査に通りやすいところはあるのでしょうか。 借入を一本化するための審査は、新規のカードローン審査よりも厳しいです。

    通常のカードローン審査をするのに加えて、すでにある借入に関する審査も行なわれるのですから、お金を貸す側も当然貸出には慎重になります。

    普通の借入でも同じですが、銀行のカードローンより消費者金融のキャッシングの方が審査にはやや通りやすい傾向にあります。

    消費者金融では専門のローン商品を取り扱っていないところもありますが、通常のローン商品でもおまとめは可能です。

    ただし、消費者金融は利息面での効果がさほど期待できないので、借入件数の減少を狙うならばおススメです。

    まとめ:審査は簡単ではないが、成功すればメリットは大きい

    おまとめローンを検討する方は、3件、4件と借りている場合が多く、その場合は審査も容易ではありません。ただし、そのまま返済を続けていてはいつかは返済が滞る時がやってきます。

    債務整理をして借金や支払い利息を減らすというのも一つの手ですが、債務整理後のデメリットを考えると、安易に借金整理するとは考えものです。

    (債務整理についての参考記事)債務整理後お金を借りる。任意整理・自己破産のなど経験有りの場合

    まずおまとめローンで返済できるかどうかを考えて、それでもなおかつ生活が厳しいようであれば、債務整理を検討するという流れで考えてみてください。

    お金を借りるならどこ?TOPページへ戻る
    サブコンテンツ

    このページの先頭へ