学生がお金を借りる方法についてまとめました。大学生、専門学校生は社会人並みにお金がかかります。学費以外にも、携帯代、旅行代、飲み会やコンパ代、親元離れて一人暮らし(下宿)している学生は、食費や光熱費なども自分で払わなければいけません。

学生がお金を借りるには、消費者金融や銀行カードローンから借りるのが良いのか、それとも学生ローンから借りるのが金利も低く借りられるのか?

また、大学1年生や2年生といった、18歳・19歳の未成年がお金を借りるならどうすればよいのかという方法についても紹介しています。

学生専用ローンと一般の貸金業者のサービスを比較

まずは学生専用ローンと、アコムなどの消費者金融業者を学生が借りるならどちらがいいかという点について、比較してみます。

勉強の合間にアルバイトをしてもどうしてもお金が足りない、そんなときには貸金業者からお金を借りるという選択肢もありますが、一般の貸金業者の他に学生専用ローンがあります。 学生専用ローンは大学生、専門学校生だけが借りれるいわば特権のようなものです。

学生専用ローンと消費者金融の違いは、申し込みに必要な書類です。 一般的な貸金業者は運転免許証や健康保険証、パスポートなどがこれに該当しますが、学生専用ローンは学生証がほぼ必須です。

審査もまるで違うといっても過言ではないでしょう。 一般的な貸金業者は、総量規制や過去の借入実績など、微に入り細に入り調べられますが、学生専用ローンはアルバイトをしていて学生証を提示すれば、審査で落とされることはめったにありません。

一般的な貸金業者は500万円程度までの限度額を用意していますが、学生専用ローンは50万円が関の山で、限度額も大きく異なります。

△目次へ戻る△

20歳未満の学生がお金を借りたい場合

20歳未満の学生がお金を借りたい場合、どうすればよいのかということについて、確認します。基本的に19歳以下が金銭貸借したい場合は、親権者同意のもと、学生ローンから借りるか、クレジットカードしか方法はありません。

日本では、民法の規定により未成年がお金を借りることは認められていません。 ですので、未成年がクレジットカードを発行する際には親権者の同意が必要となります。

一般の貸金業者では、未成年への貸付を行なっていないばかりか門前払いです。 というのも、これも民法の規定ですが、未成年との契約は特段の事情がなくても取り消すことが可能だからです。

例えば貸金業者が、未成年にお金を貸した場合、お金を借りた未成年が全額使った挙句に取り消しを求めたら、未成年に返還の義務はなく、貸金業者は貸し倒れになってしまいます。

貸し倒れすることを恐れて、一般的な貸金業者では未成年に対してお金を貸しません。 しかし、学生専用ローンは、親権者の同意が前提となりますが、19歳以下の未成年に対してもお金の貸付を行なっているケースもあります。

△目次へ戻る△

未成年でもお金を借りれる方法

また、未成年でも発行できるクレジットカードにキャッシング枠がついていれば、キャッシング枠の範囲内でお金を借りることが可能です。

また、未成年だが結婚しており、配偶者に安定した収入がある学生ならばお金を借りることは可能ですが、18歳、19歳の学生が、収入のある女性と結婚しているケースは非常に稀でしょう。 未成年の学生でも、民法上では、既婚者は成人として扱われます。

20歳以下の人は、お酒もたばこもダメですが、契約事に関しては成人並みの扱いを受けますので、未成年に認められていた一方的な契約取り消しも、このケースでは認められませんので注意してください。

△目次へ戻る△

学生がすでに奨学金を借りている場合

学生支援機構などから奨学金として、お金を借りている学生が、さらに学費等の支払いのため、消費者金融等からお金を借りる場合の、審査の影響について紹介します。

経済的に困っている学生に対しては、各種団体から奨学金の給付もしくは貸与の制度があります。 ただし、奨学金は正直あまり使い勝手がよくありませんので、必要な時に必要なだけ借りられる学生専用ローンや、消費者金融等の貸金業者も併用する学生も多いと思います。

借入申込時、学生が奨学金を利用していることが貸金業者の審査に影響しないか、これが心配でしょうがその心配はほぼありません。

学生が奨学金を利用していることを、貸金業者が知るすべはほぼありません。 日本最大級の奨学金団体ともいえる「日本学生支援機構」では、奨学金の滞納が目立ってきたため、銀行が加盟している信用情報機関に近年加盟をしました。

しかし、学生ローンや消費者金融が加盟している信用情報機関はこれとは別ですので、奨学金を利用していることは知る由もありません。

△目次へ戻る△

民間金融機関から借りたいなら、消費者金融から

奨学金を借りている学生が、奨学金以外で民間金融機関から借りる場合は、借り先を気を付けなければいけません。

特に学生が、銀行のカードローンでお金を借りる際です。 学生が銀行からお金を借りる場合は、銀行が加盟している信用情報機関に個人情報の開示請求を行ない、それを見れば利用者が奨学金を借入れしている事実が明らかになります。

なので、奨学金以外に借入する場合、まず一社目は消費者金融から借りるのがベストだと言えるでしょう。

また、学校を卒業後、在学中に奨学金を借りた人が、返済を滞納してしまうと、消費者金融が加盟する信用情報機関にもその情報が共有されるので、奨学金の滞納だけは避けましょう。

△目次へ戻る△

お金を借りるならどこ?TOPページへ戻る
サブコンテンツ

このページの先頭へ