土曜日、日曜日、祝日、深夜にお金を借りる方法について紹介します。

銀行の営業時間外、午後3時移行を過ぎると借りれないと思っている人が多いですが、消費者金融は24時間申込受付可能。サービスによっては夜10時まで即日でお金を借りることができます。

土日祝に即日融資受けたいなら迷わず消費者金融を選ぶ

土日祝日に即日融資を受けたい時の方法についてまとめます。銀行カードローンではなく、消費者金融を選べば間違いはありません。

得てしてお金が必要になるのは、イベントの多い週末や付き合いなどでお金が要る夜だったりします。そんな時も、業者選びを誤らなければ、即日借りることは可能です。

お金を借りるときが土日祝日の昼間であれば、まずは消費者金融を候補にしましょう。 消費者金融は土日祝日でも関係なく営業しています。 業者自体がお休みでしたなんてことはありません。

それがお盆だろうが正月だろうが年中無休で営業しています。 銀行ATMなどが閉まっていても、キャッシングコーナーだけは稼働しているということはよくあります。

消費者金融の場合は、土日でも審査業務を行っています。 なので、ネットから申込で、平日と同じ審査を受けることができます。 ネット申し込みで審査通過後、最寄りの自動契約機でカード発行すれば、その場ですぐに借りることができます。 しかも、同時にカードを受け取れるので、郵便物が届くこともありません。 (家族にバレる確率大幅ダウン!)

お金をどうしても借りたいとき、それが平日の昼間であればほぼすべての貸金業者や銀行でお金を借りることができます。 心配なく借りれるのはおよそ14時くらいまでですね。 「窓口は平日午後3時まで」という金融機関に対する世間のイメージが強いと思います。 なので、例えば金曜日の午後3時を超えてしまったら、月曜の9時以降まで、どうしようもないと思っている人が少なくないようです。

確かに旧来型の貸出をしている、金融機関はそうですが、サービス競争の激しい消費者金融では、今まで借りれなかった時間帯でも普通に借りることができます。

重要なのは、そういったサービスを提供しているところを選ぶことです。 審査は通過したけど、結局手元にお金が入るのは月曜日だった、では目的は達成できていませんからね。 連続して審査に申し込むと、「申し込みブラック」だと判断されかねませんから、土日でも即日融資対応しているかどうかを確認してから、申込ましょう。

△目次へ戻る△

銀行カードローンも土日融資OK。契約機の台数が少ないのが難点

消費者金融は比較的土日祝日でも問題ありませんが、銀行のカードローンは話が別です。 銀行の窓口は、平日の9時~15時まで営業しており、表向きの営業は全てこの時間に準拠しています。

もちろん、窓口営業が宗柳雄した後も、銀行内ではお金の計算が行われているのですが、それはあくまでも閉店のための作業のようなもので、表向きではありません。 銀行カードローンの審査も、表向きの営業の一つですので、銀行がオープンしていない土日祝日では審査をしてもらえません。

多くの銀行カードローンでは、平日昼間でしたら即日融資も可能ですが、土日祝日となりますと翌営業日まで待たなければなりません。

数少ない例外といえるのが、三菱東京UFJと三井住友銀行です。 これらの銀行カードローンを土日祝日に申し込むには、自動契約機がいいでしょう。 カード発行に時間を要するので、自宅からネット申し込み、審査を待って契約機に向かうというのがベストです。

特に都心部にある自動契約機は、土日祝日もオープンしているところが多いです。 ただ、難点は、銀行系は地方や郊外に弱いことです。契約機の数が都市部とは断然違います。北海道、東北など大きな県では、自宅からとても距離があるということもあります。

銀行系は金利の面でお得ではありますが、利便性やスピードを優先するなら消費者金融の利用でもいいでしょう。

△目次へ戻る△

深夜借入は22時までの契約完了が必須。それ以降は翌日回しに

深夜に申込をしたい場合は、土日よりも条件が厳しくなります。 2016年現在、当サイトが把握している銀行系のカードローンは、ゼロです。 消費者金融でも、遅くまで自動契約機がオープンしているところでさえ、22時には閉まってしまいます。

ネットあれば24時間申し込みは受け付けていますが、深夜の場合原則、審査は翌営業日に回されますので即日融資は不可能です。

唯一24時間融資可能な消費者金融もありますが、その場合、指定の銀行口座を持っていることとと、22時までに契約完了していることが条件になります。

しかし、いずれにせよ22時までに契約を終えておかなければならないということです。 なので、残念ながら深夜2時、3時くらいに今からお金を借りにカードを作りたいと思っても、翌日まで待つ他ないわけです。

ただし、あらかじめキャッシングの契約をしてすでにカードも持っている場合は、話が別です。 カードを持っていれば、24時間営業しているコンビニエンスストアのATMに行って、お金を借りることができます。

コンビニATM自体も、メンテナンス時間を除いてほぼ24時間稼働していますので心配はいりません。 コンビニまで足を運べないがインターネット環境は自宅にあるのであれば、インターネットバンキングを利用する手もあります。

あらかじめカードローンとインターネットバンキングを紐づけしておけば、ネット上でお金を借りる手続きを行なえばリアルタイムでネットバンキングの口座にお金を振り込んでくれます。 口座引き落としや振り替えなどを利用する際には重宝しそうです。

△目次へ戻る△

お金を借りるならどこ?TOPページへ戻る
サブコンテンツ

このページの先頭へ