ここでは、お金をバレずに借りる方法について紹介します。主婦であろうと、サラリーマンであろうと、お金は内緒で借りたいものです。

家族や職場、親兄弟近所の人などに黙ってこっそり借りれる方法についてまとめています。

家族にばれないようにするには。郵送物と電話連絡を注意

手持ちのお金だけでは足りなくてお金を借りる、これを大っぴらに言う人はそういません。 できればお金を借りることはばれたくないものですが、どうやったらお金を内緒に借りられるのか。そのノウハウについて紹介します。

カードローンやキャッシングの契約をすると、ローンカードが自宅に郵送されたり契約書が送られたりする場合があります。

これでお金を借りていることが家族にばれてしまう可能性がありますので、カードの受け取りや契約は慎重に行なうべきです。 そのためには、カードの受け取りを自動契約機で行う、あるいはそもそもカードを発行せずに振込でお金を借りたり、返済を行なったりすることが重要です。 契約をする際には書面だと、ばれる危険がありますので自動契約機で契約をするか、WEBで完結する契約方法のあるカードローンやキャッシングを利用するといいでしょう。

しかし、カードローンやキャッシングで借りたお金を延滞すると、自宅に電話がかかってくる可能性も否定できません。 お金を借りていることを家族にばれないようにするためには、期日内に返済をすることも重要なのです。

△目次へ戻る△

職場にばれないようにするには、在籍確認代わりになるものを用意

お金を借りることが職場の同僚などにばれてしまう可能性が最も大きいのは、在籍確認時です。 在籍確認とは、申込書に記載された勤務先に本当に勤務実態があるかどうかを確認するために、カードローン会社のスタッフが勤務先に電話をすることです。

電話はカードローン会社の名前を名乗ることはなく、担当者の個人名でかかってきますので、それで直接ばれることはありません。

しかし、会社にかかってくる電話で社名も言わずに個人名で電話をかけるのは、どう考えても怪しいです。 カードローンやキャッシングの経験がある人であれば、「カードローンの在籍確認だ」と勘づく人もいるでしょう。

在籍確認を拒否することはできませんが、在籍確認の電話の日時を指定することはできますので、できるだけ自分が電話に出られる日時を指定するといいでしょう。 カードローンやキャッシングの経験者が休みや外出時に電話をしてもらえれば、さらに完璧です。

在籍確認の拒否はできませんが、代わりの手続きをすることでこれを省略することはできます。 申込時に社名の記載された健康保険証や給与明細などを任意で提出すると、勤務実態はもちろん所得も証明できますので、それで在籍確認を省略できる場合もあるのです。

△目次へ戻る△

お金を借りたことがバレる時。財布の中や通帳履歴も注意!

これら以外にも、お金を借りることがばれかねないケースがあります。 まずは自動契約機ですが、申し込みに契約、ローンカードの受け取りをその場でできるのは便利ですが、自動契約機を出入りしている姿を誰かに見られてしまったら、その時点で言い逃れはできません。

自動契約機を利用する際には、自分の生活圏から離れた自動契約機を利用するようにしましょう。 借り入れや返済を振込にしてもらうのも便利ですが、通帳を誰かに見られてしまったら大変です。

通帳の振込人の名前には露骨にカードローン会社の名前は入っていませんが、それでも得体のしれない人から振込があれば、家族は勘づくでしょう。 通帳の管理を厳重にしたうえで、お金を借りる時や返済をする時にATMを使うという方法もあります

その意味では、カードレスのサービスを利用してお金を借りると、通帳上のやりとりがほぼ必須になってきます。 カードを持つことはある意味バレるリスクを高めますが、逆に言うと、カードの管理だけをしっかりしておけば、誰にも見つかることはありません。 なので、自分だけの通帳を持てない、財布はすべて奥さん(旦那さん)に握られているという人は、カード有りで借りるのもひとつの方法です。

その際も、カードローン会社の自社ATMではなく、銀行ATMやコンビニATMを利用するといいでしょう。 はたから見れば、よもやお金を借りたり、借入の返済をしているとは思われません。

当たり前ですが、ローンカードを持っていると財布の中を見られてばれる可能性が高いです。 ローンカードを隠しておく、銀行のカードローンであればキャッシュカード一体型の商品もありますので、それを利用すれば見られてもばれません。

△目次へ戻る△

お金を借りるならどこ?TOPページへ戻る
サブコンテンツ

このページの先頭へ