アルバイト勤務の人がカードローンを利用してお金を借りる方法についてまとめました。

バイトを始めたばかりの人は、勤務歴が短く審査が不安でしょう。今回は、アルバイト、パート勤務の方がお金を借りる際、必要となる年収や勤務歴、職業は具体的にどのようになっているのか?それぞれについて確認したいと思います。

アルバイトがお金を借りるために必要なのは年収金額よりも収入の安定さ

お金に困っているのは、サラリーマンだけではありません。 専業主婦やパート、そしてアルバイトの方もお金に困っています。 お金を借りるに必要な年収ですが、これを考える上で欠かせないのが「総量規制」です。 総量規制とは、年収の3分の1を借入れの上限とするルールですが、消費者金融からお金をお金を借りる際にはこのルールが適用されます。

アルバイトで年収90万円稼いでいる人ならば、消費者金融では30万円を上限としてお金を借りることができるということになります。

一方で、消費者金融ではなく銀行のカードローンでお金を借りることを希望するのであれば、総量規制の対象外ですので、年収の3分の1という制限はありません。 ただし、銀行のカードローンでは独自に借り入れの上限金額を設定している場合もあります。

カードローンやキャッシングの審査で重視されるのは、年収の多い少ないではなく、むしろその年収が継続安定しているかどうかです。 ある月は20万円稼いでいるのに、別の月では2000円しか稼げない、これでは継続安定しているとはいえません。

金融機関は、貸し倒れや債務の焦げ付きを最も嫌います。 なので、貸したお金をきっちり返してくれるかどうかの資力を貸出審査で判定します。 裏を返せば、きっちり返済できると認めてもらうことが、年収における審査通過のポイントになるわけです。

△目次へ戻る△

勤務歴は3ヶ月が審査の分かれ目?同じ職場で年数を重ねれば信頼度アップ

次に、お金を借りるために必要な勤務歴、つまり勤続年数についてですが、多いに越したことはありません。 勤続年数が長いということは、アルバイトと言えど比較的雇用は安定しているとみなされるからです。

では、具体的にどの程度の勤続年数があればいいのでしょうか。 アルバイトの中には、3か月程度を試用期間として、3か月を経て正式にアルバイトとして採用するところも少なくありません。 よって、働き始めてから3か月以内では、お金を借りようと思っても審査はかなり厳しいものとなるでしょう。

6か月程度で審査に通る可能性も高くなり、勤続1年となれば勤続年数を理由にお金を借りる審査に落とされることもまずありません。

ただしここでいう勤続年数とは、「同じ職場で続けて働き続けている」期間のこと。 アルバイト先をころころ変えてそれを1年間続けていて「勤続1年」とはなりませんので、注意してください。

△目次へ戻る△

安定した職場勤務なら借入成功率アップ。大手勤務でも日雇いは厳しい

アルバイトは正社員ではないので、正社員ほどお金を借りるのに職業が大きく関係してくることはありません。 ただし程度の差こそあれ、審査通りやすい職業・通りにくい職業があるのもまた事実です。

その際の基準となるのは、「勤務先が経営的に安定しているかどうか」。 その点で考えると、つぶれることがまずない役場や公益法人でアルバイトをしている人は、かなり有利な職業と言えますね。

また、東証一部上場企業でアルバイトをしている人も、その企業がつぶれる可能性はかなり低いため、審査で有利なアルバイトとなるでしょう。

逆に審査に通りにくい職業と言えば、経営が不安定なところでしょう。 零細企業や自営業者のもとでアルバイトをしている人は、勤務先の経営が安定している保証がないため、お金借りる審査でも不利になるでしょう。

注意したいのが、東証一部上場企業でアルバイトをしていてもそれが期間限定の場合。 引っ越し業者ならば夏や年度末、デパートなどではお中元やお歳暮の時期に限定をしたアルバイトを募集していることが多いです。 1か月程度の期間限定でのアルバイトとなりますと、一部上場企業でアルバイトとはいっても審査で有利に働くとも限りません。

日雇いのアルバイトですと、勤務先が一部上場企業であってもお金を借りるの審査はかなり厳しいでしょう。

△目次へ戻る△

職業的な信用度は、収入の安定さと関係

最後にお金を借りる本人の職種ですが、これは先に触れた安定収入と関係してきます。 営業職でもコミッションの部分が大きく、基本給が少なければ、経済的信用は低いです。 またキャバクラやラウンジなど、一見不安定そうなところで働いていても、固定給が払われているなら、借りられる確率もあがります。

職業によって金融機関が偏見を持って審査をすることはありえません。 審査に落ちるとすれば、その仕事がどれだけ経済的な安定性を欠いているかという部分です。 なので、自分がこういう職業だから借りれるかな?という不安を持つ心配は無用です。

△目次へ戻る△

お金を借りるならどこ?TOPページへ戻る
サブコンテンツ

このページの先頭へ